ネパールでインターンシップしてみた話

環境を学ぶ大学生が3ヶ月間ネパールにインターンシップしに行くとこうなります

ネパール60日目 ロティ作り!

家で今日もレポートを書いていた。部屋にカリーナもいて、2人ともレポート三昧だ。

そんな時にドアがコンコンとなった。なんだろう?

そこにいたのはプロジェクト担当者のラクシミ医者だった。どうやらこの山の上の自治会に会いにいっていたらしい。

帰るときに土砂崩れがあり、バイクで通れず歩いて来たらしい

大変でしたなぁ。そこで調子はどうだいと聞かれ、レポートの状況、ルビナのお陰でレポートの内容がうまくいってないと伝える。

すると「私が聞いた時、あなたは大丈夫といったよね?」と言い出す。いや最初は言ったけど、後から変わることぐらいあるだろ。しかも何で今それを言う必要があるんだ、今言ったところでなんも変わらんだろ。

まぁどうすればより良く調査できたかもレポートにしたためることにして、担当者は去っていった

 

夜キッチンを除くと、ロティと呼ばれるナンみたいな食べ物をお母さんが作っていた。週に一度はご飯の代わりにロティがでるのだ。

そしてみんなでロティ作り体験🎶

f:id:banana-kagehira:20180810004847j:image

小麦粉と水を混ぜた生地を、こねてひらべったく平らな形につくる。そしてお母さんが焼いてくれる。

カリーナはニュージーランドでピザ屋で働いていたらしく、意気揚々と形つくる

f:id:banana-kagehira:20180810004853j:image

ノビンは生地で遊びだす。ノビンとカリーナとジュリアとみんなでふざける。ロティを焼いてくれるお母さんが笑ってる

 

私は14日にこの家を出ることになった。それを思いだし、このたわいない時間を精一杯楽しむことにした

ご飯の後、あと一週間もないので みんなでなんかしたいと思い日本から持ってきたカードゲームにみんなを誘う

いい時間だなぁ、私の1日前に去るジュリア最終日にもこのゲームしようと!