ネパールでインターンシップしてみた話

環境を学ぶ大学生が3ヶ月間ネパールにインターンシップしに行くとこうなります

海外88日目 今日こそ帰国!


朝5時に目覚ましが鳴った。昨日は1時すぎに寝たが、今日こそ日本に帰れると思うとすっと起きれた。


タクシー2台目が違うターミナルに行ってしまう、一人の病気が悪化し歩くのがとても困難でひたすら泣き続けるというトラブルはあった。

それでも私たちを乗せた飛行機は中国成都を離れ、上海に到着。

そこから5時間まって岡山に向けて離陸。

飛行機ではほとんど寝ていたため、とくに書くことはない。


そしてそして168時間かかってやっとやっとやっと日本に帰ってこれた!!もはやネパールの記憶は薄れかかっています。とにかく安堵と嬉しさが爆発しています

Explosion!Explosion!


今日は喜びにひたって、また今度思い出についてでもブログを書こうかな。

とりあえず日本に着いたので私の毎日の日記ブログはこれにて終了!

読んでくれてありがとうございました!

海外87日目 四川航空劣悪最悪すぎる!


昨日の夜ホテルの人が「今夜は激しい嵐になるよ」といっていた。午後9時になっても雨は降らないので、嵐は消えたのかと思っていた。昨日の夜はダブルベッドの部屋を独り占めして、寝た。何時頃だろうか深夜に太鼓を全力で叩いているような激しい雷の音で起きてしまった。

本当に激しい嵐がきてしまっていた。聞いたことないようなすごい雷の音と眩しい光が続いた。とくに気にすることなく夜は寝たのだが、起きてからも嵐は続いていた。

パンダ見に行けんやん、、パンダ外に出てないやんこれ、、、、パンダ外に出てたとしてもふわっふわのパンダじゃなくて、雨に濡れた可哀想なパンダやん、、、、


そういえば昨日の夜チケットを買い直していた人は、無事に日本についたんだろうか。高いお金を払って昨日の夜と今日の便で日本に行く人を何人もみた。これでまた欠航になったら最悪だな。


私たちのフライトの日明日は、なんとか嵐は収まって曇のようだ。次こそは帰れますように。もはやもう中国にもっと居てもいいが、こんなに時間をムダにされた上にお金を払わなければいけないのは意味が分からない。

もうとうとう四川航空のお陰で7日間をムダにして、中国でのホテル代ご飯代代わりの日本までの航空券代をムダにした。


そしてさらに岡山までの航空券を買う時にまずTravelgenioという代理店から申し込もうとしたのだがこれがおかしかった。カード決済ができないので、他の代理店から航空券を買った。だが1つ目のところでネット予約は完了されており、カード番号をとられている。クチコミを調べると怪しい。ということで消費者ホットライン行き。とりあえず帰国してからカード会社に連絡して、止めてもらうことにした。四川航空とTravelgenioは一生恨んでやる。どうかこの思いがこの2社を検索した人に伝わりますように。

追記

Travelgenioからお金の請求はありませんでした。そして念の為にカード番号を変更しました。


コンビニで買った昼ごはんを食べた後、嵐の中することがなさすぎた。YouTube.LINE.Instagramなど使えないがアプリのゲームはダウンロードして使えるので、ひらすらゲームをした。島を開発するゲームでは、ただの無人島がとても開発された島になった。脱出ゲームでは子供の部屋と女子更衣室の2つの密室から脱出できた。しかし、中国からは脱出できない。

f:id:banana-kagehira:20180906004545j:image
夜は焼肉を食べにいった。店員さんがすごく可愛くて英語は話せないものの、どの中国人よりも私たちの言ってることを理解しようと努力してくれた。また今日は英語を勉強している男子学生バイトがお休みだったのに私たちのために駆けつけて来てくれた。ここでは外国人旅行客が珍しいらしく留学生かと勘違いされたが、ここの店ではとても暖かく対応してくれた。さらにでてきた炒飯と中国式焼肉も美味しかった。嫌いになりかけていた中国を良いかもと思わせてくれた夜だった。

f:id:banana-kagehira:20180906004531j:image
さて明日こそは帰国できるはず。どうか神様キリスト様仏様シヴァ神ガネーシャ様お願いします!私たちを日本に帰してください!

海外86日目 中国にて2度目の欠航!

 

昨日の夜は寝れず結局眠りについたのは午前四時だった。

台風がきているが今度こそ帰れるだろうか。昨日の夜の情報によると5時間ほど遅れて飛行機は日本につくらしい。帰れるかならもうなんでもいい、帰してくれ。

フライト時間は14時で遅れがでているが、念の為に10時に空港に到着。やはり遅れがでているようで17時のチェックインまで待たなければいけない。暇すぎる。また歯磨きでもするか。もう落とす歯垢もないわ。

そんなところにイケメン息子と美人なお母様が隣にやってきた。暇すぎたので話しかけてみる。私がネパールで読んだ日本に関する「IKIGAI」という本を読んでいたみたいで、ちょうどその話になった。この本読んでてよかったな~全然は読んでないけど( 笑 )


待っている間よからぬ情報がはいってきた。関西空港が水浸しで、連絡橋にタンカーがつっこんだらしい。今日帰れる望みがどんどん薄れていく。

f:id:banana-kagehira:20180906004717j:image
16時30分にチェックインカウンターに行ってみると、私の地元近くに四川料理店をやっている日本国籍中国人がいた。その人と話していると、どうやら私たちのフライトはキャンセルになったらしい。あああああまたかよ


もうこれ以上待ってられんわ。1番最悪のケースだ。しかも関空の復興には時間がかかりそうらしい。こんなところに1週間も待ってられんわ!四川料理食べられへん!英語つうじひん!


それから色んなドタバタがあり、明後日成都から岡山に帰る便の航空券を買った。やっとこれで帰れるかな、、、

にしても1週間という時間をムダにし、なぜ私たちが航空券を買い直さなければならないんだ!?腹が立つ。6日空港にいくときに、また返金しろというクレームをつけにいきます。言えるものは言っておく!!!


明日はせっかくなのでパンダを見に行きます

海外85日目 中国に閉じ込められて2日目


空港のロビーのイスで全く眠れない夜を過ごした。朝6時30分からレストルームが開く。

6時25分からレストルームの開始を待って、一番乗りで1番よい場所を陣取った。

ここはうるさくて明るいロビーとはうってかわって、落ち着いた空気に寝るのにちょうどよい椅子がある。

やっと寝れる。ここならまだ寝ることができ、昼の12時ごろまで浅い睡眠にずっとついた。


起きてからご飯を食べに。ここは成都四川料理である。独特のにおいのゲテモノがたくさん。もう全く食べる気にならなかった私はフルーツと水餃子を食べた後、ホテルを探しにインフォメーションカウンターへ。

Booking.comで見つけたホテルのほうがよかったので、ネットで予約してからタクシーで行くことにした。

ここは中国まったく英語が通じない。123も通じないレベルだ。それはタクシーも同じで、どうにかホテルまで行こうと何人にも聞いたが断られてしまった。

英語が通じて優しい人が多いネパールに戻りたい、、とにかく中国から出してくれ、、、

f:id:banana-kagehira:20180905000508j:image
困り果ててインフォメーションカウンターに行くと、ホテルの人をここまで迎えにくるように頼んでくれた。そしてホテルの人が空港まで来てくれ、多数のスーツケースと私たちと中国人何人かをパンッパンに乗せてホテルに向かった。ホテルのオーナーらしき人はまだたどたどしい英語を話すことができ、何より頑張って話そう理解しようとしてくれる。こんな人さえ少ない成都では、ホテルのオーナーが神のようにみえる。


ホテルについてシャワーを浴びたあと、暗くなり始めるまで死んだように眠っていた。本当に暗くなる前にご飯に食べに行こうと外にでたが、どこも濃くて辛くて肉々しいの四川料理ばかりだ。自分は特に何でも気にせず食べれるタイプだと思っていたが、四川料理はできる限り避けたかった。コンビニでカップ麺とランチパックらしきパンを買ってホテルで買って食べることに。


それからというもの、このブログを読んでくれている人もお分かりの通り長文ブログを書くほど暇な時間だった。体内時計は狂いまくり、全く寝れない。歯医者さん並に丁寧に歯磨き。アマゾンで本を読む。一日をブログを書く。マッサージする。筋トレする。唯一中国でも使えるYahooニュースを片っ端から読む。WiFi環境ではかかってきたLINE電話は受け取れるため、電話する。


さて明日は台風が日本を直撃しますが、日本に帰れるでしょうか。私の中でかなり期待は薄れています。とりあえず明日も眠れない夜になるだろうから寝れるうちにベッドに入ろう。

ネパール84日目 帰れるか!?航空券を巡る戦い

 

仲良くなったホテルのオーナーが7時にホテルに迎えにきてくれるように約束していた。

ギリギリに起きて6時55分念の為に「good morning」と送って起きてるか確認。後の返信で考えるとたぶんこのメッセージで起きたらしい。笑 なんせこの日の夜は寝れずこの人と夜の1時半までメッセージのやりとりをしていた。


すぐに全ての荷物の準備をしてホテルのロビーへ向かい、事情を説明して今日飛べるか分からないもののチェックアウトをしておく。

ホテルの人には「君たちの飛行機はまだだろう。連絡がないからまだホテルにおりなよ」と言われた。私たちだって今日の朝に空港に行って、今日の飛行機に乗れる可能性は低いと思っている。でも、なんの連絡もないのだからとりあえず行ってみるしかない。


仲のいいホテルオーナーがお迎えに来てくれた。そして空港に向かう。オーナーは空港に入れないため、すぐ会えるだろうと思ってすぐに分かれた。

f:id:banana-kagehira:20180906005004j:image

そして8時30分、目的の四川航空のカウンターが開かれた。

「2日前に私たちの飛行機はキャンセルされて、そこから何の連絡もないんですがどうなってるんですか?!?」

目をガチにして私たちの状況を訴える。中国人の通訳らしき人とネパール人スタッフたちが私たちの飛行機について調べはじめる。これ以上待てない私は圧をかけるために調べてるスタッフの前に立って何をしてるのか見ていた。するとスタッフたちの会話の中で驚きの言葉がとんできた。

「they have no booking record」

!?!?!?

私の盗み聞きの理解が正しければ、私たちの航空券の手配はまだ行われていなかったらしい。つまり忘れられていた!?!?どうなってるんだyo!!

航空券の手配がされてない日本人の女の子たちの存在にやっと気づいた航空会社。成都までのビジネスクラスの席を用意してくれた。ビジネスクラスかは分からないが日本までのフライトも手配してくれたらしい。とにかく成都までは安心して行ける。そこからが勝負だ。

空港まで送ってくれたり本当に親切にしてくれたホテルのオーナーにちゃんと別れと感謝を告げられなかった。代わりにインスタのメッセージもこのブログで感謝を綴る。


イミグレで私以外の4人がビザが切れているということで止められた。これは私たちの責任じゃないのにどうしろというのか。審議にはいり30分ほど待たされたあと、無事に通れた。

飛行機の予定離陸時間は午前11時30分。12時になっても搭乗のお知らせはこない。なんだかこの景色見覚えがあるな。2日前か。こうやって4時まで待ち続けて、飛び立てなかったな。

調べると今日はカトマンズの空港からブータンの首相が飛び立つらしい。それに加えて前日の夜にこの空港でちょっとした事故があり国際線に乱れがでているらしい。それに加えて私たちの乗る飛行機に遅れがでているらしい。 もう色々重なりすぎてめちゃくちゃやな。

もう今日も私たちの小さな飛行機は飛ばないと諦めていた午後1時。ついに搭乗の知らせがきた!!やっと帰れる!ネパールから出れる!!!喜びが爆発した!!


1時半ついに飛行機がネパールの地面から離陸した。飛行機の窓から見えるカトマンズの景色を見ながら、よくあるように物思いにふける。

ゴミと動物のふんにまみれた汚い道、砂ぼこりが激しい空気、ヒンドゥーと仏教の修行僧、生き生きとした棚田、いつ転倒してもおかしくないでこぼこの道、サリーを来た農作物を運ぶおばちゃん、田舎の景色を見ながら一日中ぼーっとしてるおじいちゃん

もう見ることはないんだろうなぁ

f:id:banana-kagehira:20180906004832j:image
思い出に浸りながら雲の上をすすむ。すると雲から突き出たエベレスト山脈がみえた。

ずっと雨季だったためここまではっきりと見えたのは初めてだ。きれいだなぁ~壮大だなぁ~

f:id:banana-kagehira:20180906004852j:image

肉眼でしか綺麗に見えないね〜

 

キレイな景色から砂漠に変わり、1つ目の乗り継ぎ地点の中国はラサに到着。

f:id:banana-kagehira:20180906004925j:image

そして1時間でまた出発した。初のビジネスクラスではとっても豪華な料理がでた。とても快適な空の旅😁

f:id:banana-kagehira:20180906004942j:image

ネパール離陸から6時間後、成都に到着。たまたま(?)一緒に乗っていた中国人通訳(?、日本語は話せない)のスタッフに聞くと、ここからは成都のスタッフが手配するとのこと。ということは、日本までのチケットは用意されてない!?!?ここで自分たちで交渉しなきゃいけない!?!?

いや、むりむりむりむり。中国人全然英語通じへんしむりむりむりむり。しかもインターネットも電話も使われへんしむりむりむり。この哀れな状況を英語が堪能な中国人通訳に説明して、助けてくれることになった。成都のスタッフに説明してくれ、ホテルも必要であれば予約してくれると言っている。この人のおかげでとりあえず成都から日本の航空券は話がつきそうだ。ほんとにありがたい。


そして次の大きな問題が2つ現れた。

1つ目は週に3回しか大阪までの便はでていないということ。今日は日曜日。次の便は火曜日。つまりここで明後日まで待たなければならない。

2つ目は火曜日私たちが日本につくころに台風が関西を直撃するということ。火曜日の便を逃せば次は木曜日だ。

とりあえずカトマンズをでて成都につけば、そこから上海などどこかを経由してでも大阪に帰れると思っていた。だが四川航空で中国から大阪までの便はここ成都からのみの週3便のみであった。大きな誤算!


一体いつになったら日本に帰れるんだ😭お金のないのに物価の高い成都に取り残された私たちは長期戦をみこして今夜は空港で泊まることにした。明日は朝からオープンするレストルームを陣取り待機し、昼のホテルのチェックイン時間からホテルに入る。

それまで寝れない空港ロビーで待機。


長くなりそうだなぁ。ブログ記事のタイトル明日から何にしようかなぁ、、

 


海外生活85日目?

中国2日目?

ネパール85日目?

ネパール83日目 ネパールから帰れない!

朝6時 モーニングコールで起こされた。そしてすぐ寝た。

おそらく6時15分フロントから電話がかかってきた。「君たちの飛行機は明日になったんだよね?」

朝からそんな現実を突きつけるために起こさないでくれええええ😭

そして私は10時まで深い深い眠りについた。

 

せっかくバスタブがあるので、3、4ヶ月ぶりに湯船につかった。私は大学に入ってからずっとシェアハウスなので、普段から湯船に使っていない。ネパール人のほとんどは湯船につかるなんてできないのに、カトマンズで湯船に使ってる自分がいてなんだか罪悪感に似たような気持ちを感じた。

 

そして昼ごはん。相変わらず豪勢な料理がずらりとならんだバイキング。あぁ飛行機のことを忘れられる至福の時間。

f:id:banana-kagehira:20180902015745j:image

 

どうやらこのホテルにフィットネスルームとプールがあるらしい。みんなで向かってみた。

まずはフィットネスルームにいくと、ビーチサンダルはダメだと怒られた。笑  チトワンですでにボロボロだったスニーカーがさらに汚れてしまったため、もう捨ててしまっていた。

諦めてサウナへ。そして水着がないためプールサイドで楽しんだ。友達が一緒でよかった。1人だったら本当に暇で暇で何も面白くなかつただろう。

f:id:banana-kagehira:20180902015801j:image

 

晩ごはんも豪華な料理。

だが晩ごはんの時間になっても、明日の予定についての連絡はない。フロントに聞いてみると、四川航空からの連絡はないらしい。え、どうゆうことだ。まさか忘れられてる!?!?

 

とりあえず明日空港に行くことにした。助けの手は全て借りておけということで、この滞在期間ずっと泊まっていて誕生日ケーキもくれたホテルのオーナーが手助けしてくれるようになった!なんとありがたい。

 

ということで明日の予定は

四川航空はほぼ毎日11時30分くらいにラサ行きの飛行機がでているので、それに間に合うように午前7時に空港に行く。四川航空の職員に、私たちの飛行機はどうなっているのか、出来るのであれば明日の11時30分の飛行機に乗せてもらえるよう訴える。

 

明日も飛行機に乗れないのであれば、また豪華な朝ごはんを食べにホテルに戻ることになる。

そして水着買ってプールで泳ごうと。

ネパール82日目 フライト欠航!?!

さて、今日はカトマンズから旅立つ日です

中国のラサと成都で乗り換えです。

 

みんなとお別れ。

来た時よりも軽くなった荷物を持ってホテルから去ります。

タクシーに乗って、最後にみるカトマンズの景色。やはり汚い。でも数年後来たらかなり変わってるんだろうな〜ネパールで過ごした3ヶ月を思い出しながら、空港に向かう。

 

午前10時チェックインやイミグレを済ませて、搭乗口の前にスタンバイ

離陸は11時30分。まだまだ時間がある。

ぼーっとしたり、電子書籍を読んだり、スマホをつついたりして過ごす。

11時15分になっても搭乗のお呼びがかからない。どうゆうことだ。職員の人にきいてもアナウンスを待てだと。

f:id:banana-kagehira:20180902020747j:image

午後1時表示パネルを見ても セキュリティチェックのまま

午後2時やっとパネル表示が 遅延 になった

ひますぎる。昨日カトマンズでBIMSTECという国際会議が開かれ、それでVIPが帰るために全部の飛行機が遅れているらしい。にしても私たちの飛行機みたいに2時間以上も遅れている飛行機はない。

 

同じ飛行機の中国人を見つけた。だが英語をまったく話せないようでひたすら中国語で話しかけてくるし、ずっと着いてくる。

英語分からんかったら大変だなこりゃ。

 

午後4時前 空港職員が話しかけてきた。

「君たちの飛行機はキャンセルされたよ。」

!?!?!?

のおおおおおおおおお!なんてこった!

日本に帰してくれ!

とりあえず聞くと、ホテルは手配してくれるらしい

待ってくれ、私はもうネパールのお金を全て使いはたし、3円相当のお金しかないんだ。

ご飯もだしてくれなきゃこまる。

とりあえずイミグレに行って荷物をとると、同じ飛行機に乗るはずだった人たちが集まっていた。

空港職員に問い詰めていたキレイな女の人に話を聞きに行くと、どこかのVIPのせいで空港がシャットアウトされすぐには空港から出れないらしい。そしてご飯も航空会社が手配してくれるとのこと。

ご飯も手配してくれるのね、よかった〜

 

そこに優しそうな日本人のおばちゃんがやってきた。旦那さんとブータンカトマンズ、ラサを旅行しているらしい。ステキな夫婦だな。

その人によると、他の大きな飛行機は飛ばして 私たちの1番小さな飛行機を止めて、VIPを国に帰し 被害を最小限に抑えようとしてるんじゃないか と。

なるほど。VIPめ。まぁこんなことめったにないから面白い経験だわ。

 

ずっと着いてきていた中国人。彼らは自分たちが置かれている状況を理解できていないであろう。私たちもLINE通訳を使って色々伝えようとしたが、慣れていないのか全然上手くいかない。もう私たちにできることはない。英語が分からない怖さを知った。

 

やっと動けるようになり、1人のヨーロッパ人女性が「みんな固まって〜一緒にいるのよ〜」とリーダーシップを発揮している。しゃしゃりますね( 笑 )

 

バスに乗ってホテルに着くと、なんてこった!

いかにも高級ホテル!!!

他のヨーロッパ人女性は Explosion! Explosion!と叫びながら喜んでいる。

 

ロビーについて先程のリーダーシップヨーロッパ人が、また前にでてみんなに説明している。なんだこいつ。と思ってきいていると、

「It's not for you」と隣の人に言われた。ん?どゆこと?

やっと察した。これは登山かなんかの国際グループだった。そのグループのリーダーがみんなに色々指示していたのだ。

勝手にしゃしゃりでてるとか言ってごめんなさい( 笑 ) 私が勝手に団体客の話を聞いてるだけでした。笑

 

なにあれホテルがサイコウだった!

後でゲスく調べてみると、ここは一泊2万円もするような高級ホテル!美味しそうなご飯が食べ放題!!!部屋にはバスタブがついている!初めてネパールでバスタブを見た!

 

することもないのでホテルの中にあるカジノに潜入してみることにした。インドの大富豪が遊んでいるが、雰囲気は地元の明るいゲームセンターのよう。これがネパールクオリティのカジノか。カジノらしい雰囲気ではなく、すぐに飽きて帰った。

 

次に近くにネパールで1番大きなクラブがあるらしい。EDM界で有名なDJも来たクラブだ。これは行ってみよう。所持金3円の私はスマホだけもって友達と行ってみた。

時間が早すぎたようでネパールの笛バンドが演奏している。そこにホテルにいた友達から連絡がきた。

f:id:banana-kagehira:20180902020809j:image

どうやら私たちの飛行機は明後日になったらしい。どうゆうことだ。もう今はここで気を休めよう。クラブの時間が始まってちょっと踊ってから、帰った。

 

ホテルについてホテルマネージャーに聞くと、私たちは日本までいく便の関係で、私たちのみ明後日になったらしい。ネパール滞在が2日伸びました。

 

そんなわけですることがなく暇なので、長文ブログ更新です。