ネパールでインターンシップしてみた話

環境を学ぶ大学生が3ヶ月間ネパールにインターンシップしに行くとこうなります

ネパール38日目 ネパールで海のゴミ問題。ヘビが家の中に!

今日はどこにも行かないということで、昨日は夜ふかし🎶 夜ふかしっていっても1時前には就寝する健康生活🎶 2ヶ月前までレポートやら遊びやらで数日ほぼ寝てないこともあったのに、すごい変わりようです🎶

夜はWiFiを独り占めでき、家でサクサクWiFiが使えるので調べ物がはかどります。昼は停電&WiFiコミコミなので、通信が必要なことは夜のうちにやって今日の午前中は爆睡💤、そして通信がなくてもできることを日中やる計画。

 

ゴミのことを調べていたら、途中で川のことが気になり小学生の自由研究気分で、ネパールの川がどうやって海にでるのか気づいたらGoogleマップでたどっていました。

ネパールのバグマティ川から出発し、南に下り国境を越えインドのガンジス川となる。そして東に向かいさらに国境を越えバングラデシュメグナ川となり、ついに海にでる。

ネパールの川の水はこんなに大冒険して海にでるのね!!すごいな〜と思ったのはつかの間、ゴミを川に流す文化・たくさんの工場地帯の中をくぐりぬけ、海に辿り着くころにはどれだけ汚染されて、どれだけのゴミを運んでいるんだろう。考えただけでも怖いです。

近年海に大量のプラスチックごみが流入して生き物たちの生命を脅かす問題をよく聞きますが、ネパールは内陸国だからそこまで関係ないのかなぁなんて思っていた自分がいました。海からどんなに離れていても川は海に流れる!川がある限り海の問題は他人事じゃない!もっと言えば、川がなくても水があれば海から雲となり雨となり大地に降り注ぐ、そして大地をくぐりぬけ川に流れ海にもどる。水がある限り海の問題は他人事じゃない!

そんな当たり前だけど島国日本ではあまり気づかないことを、気づかせてくれたGoogleマップの旅でした。

 

昼はデータをまとめてちょっと分析。思い通りにいかず、ぬわああああああああとなっていると

首に何かいるような? 振り落とそうとするがなかなか落ちない。物をつかっておとしてみる。

ポトっ

カミキリムシ系じゃん!ぬわあああああああああ!

鳥肌たちました。きもちわるぅ〜

 

なんだかんだしていると、家族がなんか叫んでる!!!!ギャーギャー

なんやなんや?と外をみると、、、

大きめのヘビ!!!

みるとするするトイレに入っていってるじゃないか!!!

カリーナの部屋に一番近かったため、「下のドアの隙間をブロックして!!!」と叫ぶ家族。

トイレに入ったことを確認し、ほかの部屋のドアの隙間を衣類でブロックして、家の外に逃げます。

カリーナはドアをブロックして、部屋にいます。「どんなんー?写真とりたいーみていいー?」

めちゃ騒ぐ家族は「ダメぇー!!!ちゃんとブロックしてえええええ!!!」

とりあえず逃げて様子をみる。するとトイレからでてきた!!!私の部屋のドアの前をクネクネしている!!

f:id:banana-kagehira:20180718214943j:image

ヽ(`Д´#)ノ私「オラァ!!!!ヘビ、勝手に私の部屋入るんじゃねえ!!」 初め家族が叫んでいたくらい叫びました。

まぁ一難去り、しばらく外で待機。ヘビが家に入るのは初めてらしい。

すると家から

キャーーー!!ワァー!!!😱」叫び声が。

どうやらカリーナの部屋に侵入したらしい。両親が助け行き、カリーナはなんとか外へ脱出。枕と靴でドアの隙間をブロックしていたものの、隙間から入ってきた。

近づかずとにかく待っていると、近くの兄ちゃんがやってきてどうにかこうにか外に出してくれた。ヘビは誰にも噛まず森へ帰っていきましたとさ。

 

虫にヘビに災難おおいな、今日は。