ネパールでインターンシップしてみた話

環境を学ぶ大学生が3ヶ月間ネパールにインターンシップしに行くとこうなります

ネパール44日目 学校にプレゼンへ!

今日はカリーナも一緒に学校に行くことになりました🎶ついにプレゼン!!

はぁドキドキかも

スクールバスに一緒に乗ってしゅっぱ〜つ!!45分の道のり。満員のバスの中子どもたちを押しつぶさないように必死でした。

f:id:banana-kagehira:20180724221557j:image

とうちゃーく!バス停から学校までちょっと歩きます。一番小さな子どもの手を引いて、テクテク☺️

着くとすぐに朝の朝礼の時間が始まった。国家と歌を歌って、軽く肩をまわしている。幼稚園生から10年生までいる私立の英語学校です。幼稚園生から10年生までいるのは、ふつう

状況がよく分かりませんでしたが、10~6年生までやることに。しかも一学年ずつ!一学年20人以下と少なかったですが、またよく喋ること!

なかなか苦戦しました。停電が何度かあって、プロジェクターもたまに使えなくなる。なかなかな状況でした( 笑 )

f:id:banana-kagehira:20180724221511j:image

総じて自分で評価!

良かった点

・2クラス目から始めたグループに分かれてのディスカッションはみんな参加できてよかった。

・4クラス目がめちゃくちゃうるさかったので、5クラス目に男女交互に座らせたらすごく静かになった。静かすぎていいのか分からないけど、ちゃんと聞いてて 初めて男女交互に座ったらしく、なかなかネパールの先生が試みないことをしたのは良かった。

・昨日思いついて日本の公害も交えて教えた(他にも日本のことあり)のは、日本人だからこそできるプレゼンだった

・みんなにも自己紹介してもらい、その名前を日本人発音でリピートしたのか一番ウケた

 

悪かった点

・環境問題のプレゼンをするとなったときから、政府が原因という面が大きくどうプレゼンしていいかずっと迷っていた。今でもどうすべきだったんだろうと考えている。

・騒ぐ子どもたちを止めたが止めれないことも多々あった。まぁ仕方ないかと思っている自分はいいんだろうか

・もう少し踏み込んだことをサラッと英語で説明したかった。始まる前はネイティブ英語じゃないからこそ、自分の英語は生徒にとってわかり易いんじゃないかなぁ〜と思っていたが、本番はくどかったなぁと思う。

・学生の言っていることが分からないことがあった。話していること文法めちゃくちゃなこともあるけれど、私の英語力が高かったら理解できたのではと思う。

臨機応変に対応できる力!ほしいです!

 

なにより、元気いっばいな学生と触れ合えて、こんな滅多にない機会をいただいて 良かった!楽しかった!!😊👍

 

最後のクラスの終わり頃、、、雨降ってきた!

歩いて帰る予定なのに!!!ザザブリの中、たくさんの生徒に囲まれながら学校を出る

歩いていたら、一緒に歩いていた子供たちの中の一人が、私の手を ギュッ❤️

そしたら他の子達も手をつなごうとしてくる。雨の降る中4人とおてて繋ぎながら、山道を進みます。進めんよーー😂(うれしい)

どんどんみんな家につき、みんな消えていきます。最終的には2人のお手手に落ち着きました。にしても雨の山道の中お手手つなぐのハード!足でまといにならないように必死でした

f:id:banana-kagehira:20180724224108j:image

なんかプジャのおニューのヒール壊れて、裸足で歩いてるし😂もうボロボロになりすぎて、もはやどれもこれもどうでもよく、めっちゃ楽しかった帰り道

 

この機会をくれたプジャありがとー!!!